発表会
1年間を締めくくる発表会は、特にみんな熱が入ります。のむぎの各グループからはもちろんのこと、新しくグループを作って、出し物を考えます。この日は全員、精一杯発表します。中でも各父母会の、お父さん、お母さんが、楽しみながら劇をしたり、踊ったり。子どもたちには負けてはいません。写真でお楽しみください。
(オープン・コミュニティ・スクール)
のむぎオープン・コミュニティ・スクールの修了式、そして卒園、卒業式が行われます。さびしいような、嬉しいような、複雑な気持ちがいっぱいの三月です。のむぎで学んだ沢山のことを胸に、大きく羽ばたけ!!
そして、ちょっと疲れてしまったら、羽を休めにいつでも遊びにおいで。
新年の幕開けは、この「のむぎ開き」でスタートです。一人一品持ち寄ったお料理とつきたてのおもちがテーブル狭しと並びます。趣向をこらしたゲーム大会で「のむぎ」のホールは熱気ムンムンです。
夏祭り

一般の方々から灯篭の絵を募集し、夏祭りの夕方から灯を入れます。何とも言われぬ美しい光景です。

梶原徹也氏のブログ
迫力のドラム演奏に鳥肌!
梶原氏の音遊びに引き込まれる子ども達!
梶原氏の子ども達と音遊び動画へ
かき氷も売りました!
喫茶でまったりタイム
私たちも手伝ってまあす★
約1100平方メートルの平和のバラ園
平和のバラの説明を真剣に聞いて下さる参加者のみなさん
毎年6月と10月に開催される「のむぎ平和のバラ祭り」です。
約1100平方メートルの園内には、「アンネのバラ」・「カズエバラ」・「ピースバラ」が咲きます。新苗販売を始め、喫茶室、展示などを行っています。
平和への思いを込めた年に一度の平和のバラ祭りに是非来てくださいね。
平和のバラ祭り
のむぎの書籍販売・バラグッズも販売してます
のむぎホールではバラの写真や様々な展示も
写真撮影も自由です。
ワンちゃんも!?見に来てくれました
ピース
カズエバラ
アンネのバラ
のむぎ平和のバラ園に咲く美しいバラ
※   印 フォトグラファー小沼諭さん撮影
 
うたとふーせんみりおんず」の守屋歌鳥(もりや・かなえ)さんの素敵な歌声
紙芝居「アンネのバラ」
ラムネ美味しそう
小学生のお店の準備に大忙し
バルーン・アートのお兄さん。
子どもに大人気!
高等部卒業生父母のご夫婦でのオカリナ演奏は息がぴったり!素敵な音色…
凄いの持ってるねえ!
歌手の鶴岡恵さんの歌声に聞き惚れます
上手く取れるかな…?
毎年恒例の「夏祭り」赤ちゃんからお年寄りまで楽しめるイベントあり、模擬店あり、ゲームあり。
元ブルーハーツのドラマー梶原徹也氏とのむぎ平和太鼓とのセッションも大人気です。
のむぎ保・幼部「どろん子」ちゃん達の手作り神輿
始まりありの合図は「のむぎ」代表ひぐりんのホラ貝です!
約2000人の集まる「夏祭り」
是非一度遊びに来て下さいね
腹話術は子どもたちに大人気
よし!これでばっちりだ!
模擬店の準備、私もできるかな?
ギターリスト吉原寛治さんの演奏にうっとり
子どもをおんぶしながらの模擬店担当!保・幼部「どろん子」のパパさん…。
ご立派です!
ガンガン作るぞお!
おじさんて面白いね★
「きんたの会」の沖縄エイサー。
かっこいい〜!
元ロックバンド「ブルーハーツ」の梶原徹也氏がのむぎ夏祭りに毎年来てくれました!大人だけでなく子ども達にも大人気です!
手作り品販売でーす!
きまってるぅ!
どれにしようかなあ…
迷っちゃう。
ちょっと照れくさそうに「小学生のお店にもきてくださ〜い」
いらっしゃいませ〜!
リモ・ウォーキング
リモ・ウォーキングとは「境界線歩き」のことを言います。「リモ」とはエスペラント語で「境界」の意味です。
 今から20年前に、日本で初めての試みとして始められまし「境界線オリエンテーリング」がその前身になっています。この「境界線オリエンテーリング」は、川崎の旧多摩区(多摩区・麻生区)の境界約55キロのコースを月に約1回づつ6回に分けて、境界線上を歩きながら1周して、出発点に戻るという試みとして行われました。
しかし、これは内容からすると正式のオリエンテーリングとは違い、追跡ラリーやウォークラリーにどちらかというと近いものでした。
 そこで、境界線の特性を持つということを再認識するとともに、オリエンテーリングという枠の中だけでなく、更に広がりを持たせる意味も含めて、新名称「リモ・ウォーキング」が誕生しました。
 そして、1999年3月で、川崎の旧多摩区を9周まわり、「のむぎ」が横浜に移転したことを機に、ひとまず川崎を終了し、新しく
2000年4月から横浜市青葉区(1周約50キロ)のリモ・ウォーキングを行うことになりました。

青葉区の境界線沿いには素晴らしい自然や歴史がいっぱい!歴史散歩・自然観察・体力づくり・家族サービス?を兼ねて?各ポイントごとに問題があり、それを解いて周ります。

そんな楽しいリモ・ウォーキングです。何人かでグループを作っての参加も、個人での参加も大歓迎です!

買う物選びに真剣!!
夏祭りに来て下さあああい!
うまい!
約六日間、長野県小谷村の「のむぎ山荘」で行われる「体験学校(冒険教室)」は普段できないいろんなことを思いっきり楽しみます!小学校3年生以上から参加できます。何はともあれ楽しさ満載! 写真でご紹介。

旗取り合戦!頑張るぞ!

皆で楽しく歩きましょう!
お弁当だ!おやつだ!
太鼓と津軽三味線の演奏!
こんな所にポイント発見!
実行委員でーす★
ポイントで折り紙
ポイントで若者が楽しい演奏
さあ、ポイント発見!
問題は何かなあ〜
のむぎ劇場
実行委員でーす★
素敵な作品ができました★
青葉区は鳳凰の形に似ていませんか?
1、なぜ境界線? → そこに歴史がある!
 
 ●境界線上は開発されにくいという一面を持つため、遺跡が破壊されにくい。さらに境界線上は尾根道が多いため、景色も良く、山あり、林あり、谷あり、川あり、里あり、秘境あり…とう意識につくられた知られざるハイキングコースの宝庫である。
 
 ●1周すると、青葉区が総合的・立体的に浮かび上がり、今まで気がつかなかったことにも気が付き、我が街を全体から見ることができる。まさに、境界は地域の縮図(集中点)といえる。


2、境界線上には線がある!?
 
 ●境界線上には線があると言ったら、えっ!と驚くかもしれませんね。もちろん線が引いてあるわけではありませんが、「境界標」があるのです。
東京都と横浜市の境界をまたいで歩くなんて、なんと壮大ではありませんか!
 

そうっとそうっと
消えないように

豚の丸焼き競争

 
オリジナルのナイフづくり

やったね!火が付きました!

大岩からの飛込みに挑戦!

!?


Let's 田植え
(オープン・コミュニティ・スクール)
O.C.S・入学式
「のむぎ平和太鼓」の演奏は大迫力です!
運営:のむぎ地域教育文化センター
〒227-0031 横浜市青葉区寺家町112番 TEL 045-961-6696 FAX 045-961-6895 
[概要] [お問い合わせ] [のむぎホーム]

幼児から大人までが楽しめる一日。みんな真剣です!

ドラム缶風呂

川の水は凄く冷たい!
それでもみんな夢中で遊びます

ちびっ子運動会

毎年もおいしい古代米を作っています。
みんなで楽しく田植えをします!

昨年取れたお米(おにぎりやカレーライス)を食べます。
たっぷり働いた後の食事は美味しい!

見事にゴーーーーール!

小・中・高等部は、入学を祝う会を行います。
保・幼部は随時入園のため、入園式は行いません。
スキー学校
オリジナルのナイフづくり
ホラ貝で始まりです「ボ〜!」
発表会の写真は全てフォトグラファー小沼諭さん撮影

うそでしょ!?

4泊5日の長野県小谷村「のむぎ山荘」で宿泊。
スキーだけではない雪国での生活に子どもたちは大はしゃぎです。

6月に田植えをし、いよいよ収穫の時です。
みんなドロドロ。
でもおいしいお米が毎年採れています。

戸板登って飛び降りる!

良く頑張りましたの「賞状」です。恥ずかしい?

 

子どもを乗せて頑張る!

← 一見地味ですが
「リンゴの
皮長むき
競争」

 お父さんマジで走る!

運動会といえば、お父さんが燃える!昔は俺だって速かった!走れた!今も走れると思ってしまう…。
しかし…。
こちら!リレーでのナイスシーンです。
矢印で追ってご覧ください。

 

ひぐりんのほら貝で運動会スタート

パン食い競争

 
虫取り中
お休みなさい
夜の班長会議
夜の流しそうめんもおつなもの
日が暮れた山荘。テントで寝る子もいます
蜂の子を食べる。感想は?
石の上で目玉焼き!

火越し

蛇の解剖!?

班ごとの食事作り対決

滝に打たれる

一番早くに手を挙げた子が「いただきます」を言えるぞ!気合が入る!

 

上手にできるかな

お疲れ様でした!
迫力満点の「きんたの会」による太鼓演奏
おめでとう!!
スキーだけじゃないぞ!

障害物競争

一日楽しかったね。お疲れ様でした。

おめでとう!!
スタッフからのお祝いコント!?
おめでとう!!

卒業生からのお祝いの
メッセージ

後ろ向き歩競争

 
大家族のようなのむぎのスキー学校です

そんなバカな!?

元気が有り余っている! 布団を敷く前の大騒ぎ…。

スンマセン…。

 お母さん走る!

 

子ども達にはとってはどろ遊びになってしまうこともしばしば…。

最近はスノーボードも

   走る!